2010年04月06日

5日のトレード

4_6.jpg

5日のEURJPYの1分足のチャートです。このトレンドラインは分かり易い場面でした。平均足の色が変わった所でショートのエントリーをして、+7pipsのトレード結果です。1分足はあまり欲張り過ぎない事がポイントです。大きい時間軸のものだったら大きく取れますけど、スキャルは5〜10pips位が狙い目になります。

Drastic Solution for FXのチャートを見ると実線の上下に赤色系青色系の線の集合体がありますが赤色系は売りが強い青色系は買いが強いと判断するインディゲーターなので今回のチャートを見ていただいて分かると思いますが濃い赤色系がありますのでショート狙いになります。濃い色ほど強いと判断できます。

今日もEURJPYがチャート的にいい感じです。あとはGBPJPYなどが狙い目だと思います。少しでも狙っているチャートの形が崩れてきたら無理にエントリーしませんがみなさんの狙ってみてください。

「自動トレンドライン描画システム」がライントレードにおいて絶大な威力を発揮


posted by Sono at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Drastic Solution for | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

月曜日の戦略

4_4 .jpg

これがDrastic Solution for FXのMT4チャート画面です。EURUSDのチャートを見てもらうと凄く分かりやすいと思います。トレンドラインは幾つも自動で書かれていますが大きい時間軸のトレンドラインの方が信頼度があります。大きい時間軸を確認しつつ1分足でのトレンドラインのブレイクや反発でスキャルピングも出来ます。

EAと違って裁量のいい所は自分で確信持てた所でエントリー出来るところです。特にこのチャートでのトレンドラインは信頼度があります。

エントリーの流れはBasic_Order_Scriptsで成行注文、指値注文、決済注文、のスクリプトを同梱しています。発注操作をキーボードに割り当てることで、極めてスピーディーかつシンプルにトレードが可能となります。マウスでチャート上にドラッグ&ドロップで、新規成行買い注文を発注も簡単に出来ます。

BreakEven Trailing EAで含み益が○○○pips発生したら、SL(損切り逆指値)ラインをエントリー地点に変更し、保有ポジションが含み損に転じる事を防ぐEAです。さらに、Trailing機能によって含み益が発生するごとに、SL(損切り逆指値)ラインを1pips間隔でトレーリング(追従)することもできます。

TP:SLの比率はTP:SL=1:1、1.5:1、2:1がいいと思います。スプレッド抜きで考えると1:1で勝率50%以上ならトレードを重ねるごとに利益が積み重なっていきます。大体の市販EAはリスクリワードの比率がTP:SL=1:10などコツコツコツドカン系が多いです。相場を有る程度読めるようになると勝率50%以上にするには難しいことでは無いでしょう。EAも自動でいいですけど裁量トレードを諦めてEAに移った人も、もう一度裁量トレード頑張りましょう。

月曜日の戦略をチャートに書きましたがあくまでも予想です。多分自分の予想は当たらないでしょう^^
posted by Sono at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Drastic Solution for | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お勧め商材

ちょっと久し振りの更新になります。3月末とイースターなどがある為EAは停止していました。VSはフォアードテストの為低ロットで実験的に稼動していましたが調子が良かったです。本格的に稼動はまだしません。

その間、何をしていたかと言うと裁量トレードをしていました。皆さんは色々な裁量手法でトレードしているかと思いますが、自分は一目均衡とライントレードでしています。最近、凄くいい商材を買いました。ライントレードをする方はとても便利でお勧め出来ます。



このDrastic Solution for FXはメタトレーダーを使います。詳しくはセールスレターを読んでみたほうが分かると思いますが、ライントレードをする人には「痒い所に手が届く」インディゲーターやEAが結構な数あります。全て入れるとMT4が重くなるので必要の無いインディゲーターは入れないようにするとストレス無くチャート分析出来ます。

Drastic Solution for FXでは MultiTrendLineOptimizer、別名「自動トレンドライン描画システム」でトレンドラインを見てブレイクや反発などを確認して裁量でエントリーします。エントリー後はツールを使ってOCOが一瞬で注文できます。BreakEven_Trailing_EAを使って自動的にSL(損切り逆指値)を損益ゼロ地点へ動かしてくれます。

前作の玄人工房さんの商材で好評だったサーモグラフも見やすくなって進化しました。興味がある人は是非見てください。だけど裁量トレードしない人は買わない方がいいです。自動売買EAではないので気をつけてください。

posted by Sono at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁量トレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。